4 学校紹介


 本校は、昭和51年(1976年)、現在の地に春日部市立沼端小学校として創立されました。
 校区には、日本住宅公団の大規模団地「武里団地」があり、本校児童の6割がここから登校してきます。
 最寄り駅は、東武伊勢崎線・東武日光線・地下鉄日比谷線武里駅。駅から本校までは徒歩で約20分の距離です。武里団地に隣接しているとは言え、校舎は団地の西にはずれた田園地帯に位置し、周りをたんぼの緑が覆い、のどかな風景を見せています。秋から春先にかけての天気の良い日には、早朝より西に富士山、東に筑波山、北に男体山をはじめとする日光連山を望むことができます。
 開校時、教職員34名、児童数815名、学級数22学級でスタートしましたが、2年後の53年には教職員40名、児童数1123名、学級数27学級の大規模校となりました。しかし、その後は年々児童数の減少をみるようになり、現在では児童数191名(2002年7月1日現在)の春日部一の小規模校となっています。
 本校は、平成7年度、春日部市内の小学校へのパソコン導入第1号として21台のパソコンが設置されました。
 平成6,7年度(研究主題:『豊かな人間性の育成をめざして』)および平成9,10年度(研究主題:『自ら学ぶ力を育てる学習指導の研究』)には、春日部市教育委員会より情報教育の研究委嘱を受け、情報教育の視点に立った教育活動の見直しを図り、パソコン等の教育機器を効果的に活用しております。また、平成11年度からは、マルチメディア学校関連推進事業協力校(文部省、郵政省の事業)に指定されています。
 また、本校は完全ノーチャイム制を取り入れており、子供達は校内各所の時計を見ながら各自、主体的に行動しております。


5 学校の沿革

・昭和51年4月1日 大場小から804名、武里小から11名の児童をあわせて815名で開校
・昭和51年7月18日 プール竣工
・昭和51年10月1日 校章制定
・昭和51年11月15日 開校記念日制定
・昭和52年3月20日 校旗制定
・昭和53年2月6日 体育館竣工
  教室棟4教室増築
・昭和53年3月16日 校歌制定
・昭和53年4月1日 学区再編成により武里小より283名転入
・昭和63年1月19日 和室ランチルーム設置
・平成5年11月1日 洋室ランチルーム、和室ランチルーム設置
・平成7年7月31日 コンピュータ21台を視聴覚室に設置
・平成7年11月1日 開校20周年記念式典実施
・平成10年11月6日 市教委委嘱情報教育研究発表会
・平成11年       マルチメディア学校関連推進事業協力校(文部省、郵政省の事業) 
春日部市教育委員会研究委嘱「情報教育」 
 平成14年6月26日 マルチメディア学校関連推進事業協力校(文部省、郵政省の事業) 
春日部市教育委員会研究委嘱「情報教育」 の研究発表
平成14年11月22日 県マルチメディア研究発表
平成15年2月27日 閉校イベント「ありがとう沼端小」集会
平成15年3月26日 沼端小学校、学校統合に伴い閉校式

6 児童数と教職員数

閉校最後の年は、児童童数 195名(男子103名  女子92名)(平成15年3月31日)

学年 学級数  男 子   女 子   合 計 
 1   1   12   16    28
 2   1   15   20   35
 3   1   16   18    34
 4   1   22    9   31
 5   1   22   13   35
 6   1   16   16   32

教職員数 17名 (校長 1  教頭 1  教諭 8  養護教諭 1  いきいき推進1 栄養士 1  学校事務 2  用務員 2)   



戻る 前のページにもどる


ホームページへ

視聴覚センターへ