沼端小のたからもの

沼端小学校のイチョウ
昭和52年、市内の小渕観音院より、院内のイチョウの古木のひとかけらをいただき、置物として設置させていただきました。
 ところが、その古いイチョウの木のひとかけらが
突然に芽を吹いたのです。この不思議なイチョウの木は、沼端小学校の校門を入った、すぐ左手にあり、今でも枝を伸ばしています。
 この木は
樹齢200年以上と思われます。小渕観音院からイチョウの古木を譲り受けたのは、本校のほかに市内数校ありますが、芽を吹いて生き返ったイチョウは、これだけだと聞いています。
 沼端小学校で生き返ったすばらしい生命力をもった、このイチョウの木を
本校の宝物として大事にしてきました。現在の跡地にも、残されています。ご覧になってください。

 


視聴覚センターへ