人・夢を広げるわくわくタイム

 本校では、総合的な学習の時間の名前を子どもたちから募集して、「わくわくタイム」と名付けて取り組んでいます。学習のテーマを「人・夢を広げる」こととし、@人との関わりを大切にしようA学習を通して、自分の考え方を広げよう、という目標をもとに取り組んでいました。下記の内容は、閉校の年、最後の取り組みでした。

3年生のテーマ 4年生のテーマ 5年生のテーマ 6年生のテーマ
地域のじまん 自然 郷土の偉人

3年生の取り組み

ゲストTTをお呼びして、課題作りをしています。 地域の伝統的な踊りについて指導していただきました。 実際に踊ってみました。
研究発表会を6月に行いました。 地域のじまんを紹介しあいました。 兵庫県伊加利小とのTV会議を公開しました。

4年生の取り組み

地域の川を実際に歩き回って課題づくりを
行いました。
地域の川の特色について観察しました。 デジカメを使って川の様子を記録しています。
川の近くの植物を観察しています。 川の様子について、地域の方に聞き取り調査を
行っています。
川の様子について記録をとっています。

5年生の取り組み

地域を実際に歩いて「地域の自然について」課題作りを行っています。 観察方法について話し合っています。 地域の方に聞き取り調査も行いました。
兵庫県の伊加利小学校と同じ日にケナフの種をまきました。 水質グループがパックテストを使って「よごれ」を調べています。 川に住む生き物について調べています。

6年生の取り組み

「人」をテーマに、郷土の偉人を調べました。 郷土資料館に行って調べ方などを聞きました。 さらに郷土資料館に訪れて、自分たちの課題について調べました。
6月に行われた情報教育研究発表会に授業を公開しました。 自分たちが調べた「地域の偉人」について、調べた方法を、情報ボードとコンピュータを使って教えあっています。